忍者ブログ
11
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    十五夜



    本日は十五夜ですね。
    十五夜が9月の年は、ススキがまだ少なくて調達できないことが多いのですが、今年は何とか徒歩圏でゲットできました。三本だけ^^;
    そこへ私は秋の雑草なんかもあしらえるのが好きです。

    雑草と言えば。

    りんちゃん設定と言うのは、殺りんファンならば誰しも自分の中に描いているものであります。
    別にりんちゃんに限ったことではなく、それは自分の中の殺生丸設定、犬かごファンならば自分の中のかごちゃん設定だとか犬夜叉設定、そんなイメージのようなものがあると思います。
    つまり自分設定って感じかな。

    だから、ファンの数だけ色々なりんちゃんがいることになるのですが、それこそが二次世界の醍醐味ってもんだわな。
    私の描くりんちゃんももちろんあるですよ。
    私の心の中に描くりんちゃん、それは、時には名も知らぬ雑草の小花であったり、また時には雑草にまぎれて咲いているタンポポみたいだったり、そんな感じです。
    これはまた、自分の中の「殺りん」というイメージ設定とは別の話ね;

    私の中のりんちゃん設定は雑草のように強くて元気なりんちゃんのイメージ。
    けれど一途に誰かを慕ったり、人間ゆえの弱さがあったりと、ただ美しく咲き続ける可憐な花よりは小さくても健気に花を咲かせようと頑張っている感じ。

    逆に殺生丸様は、白い菊だとか(←仏様?)、ありがちなところで月下美人だとか、昨年始めて目の当たりにした白い曼珠沙華だとか、白く大輪なイメージ。

    フフフ、今が見ごろですよね、彼岸花。
    今年も撮ってきました。






    何故か百合のイメージは浮かばないのですが、凛とした気品と強さを思い浮かばせます。
    ある意味彼と花は無縁とも言えるが ̄∇ ̄;

    さてさて。
    明日はサンデーですな。
    せっかく左腕生えたんだから、りんちゃんの介抱にしっかり左腕を活用してくださいよ、殺生丸さま!
    「ばーたれが!左腕使わんと何しとんじゃいっっ!!」なんて明日の感想日記で私にツッコミさせないで下さいよー。しませんが(笑)。
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]