忍者ブログ
08
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     やっと今日五月人形を出したよ。
    1週間後には仕舞うんだけどね;

    さて、新しく連載スタートした『境界のRINNE』
    初めて犬夜叉をアニメで見た時を思い出すなー。
    面白くて毎回楽しみにしてた。
    そんな月日がそれ程流れもしないうちに、まるでバレエダンサーの熊川哲也さんかのようにクルクルと回りながら華麗に毒爪のムチを振るう兄上がご登場。
    はっきり言って印象悪し ̄∇ ̄
    けれど犬夜叉と兄上が絡む回は何故かいつもより面白く感じてた。

    そしてある日、声を失った幼女が兄上の前にご登場。

    その幼女の前で晒す、最強である筈の者の弱み・・・不器用に交わす幼女との会話。
    そこからわたくしの殺りん道は始まったわけだが。

    最終回を迎えた時も、名残惜しい感じはしてはいたけど、でももっと『描きたい!』、もっと『書きたい!』、まだまだ終わってない!っていう気持ちが強くて、自分の中での『犬夜叉』の最終回という区切りは区切りであり始まりでもあったわけなのね。

    それが新連載スタート。
    『境界のRINNNE』面白い!
    けど・・・
    何なんだ?
    胸の中を隙間風が通り抜けるような感じが、日を重ねるごとに増して行く気がする。

    ・・・あ。

    そうか、犬夜叉が取り残されていくような・・・・・寂しさなんだ。
    と、気付いたのが今日の話^^;
    うる星ファン様も、らんまファン様も、同じような思いをしてきたんだろうか?

    RINNNEは面白いよ。
    犬夜叉の時のように、また見続けていきたいとも思う。
    けれど、新連載がスタートして、初めて犬夜叉が終わったんだと、そういう想いが押し寄せてきたのね。今頃^^;

    でもまだ描きたいものがいっぱいある!書きたいものもいっぱいある。
    私の中の『犬夜叉』に終わりがきていないのは確か。
    今はまだ、RINNEで創作する(できる)ほど話も見えてないし手も動かないし、私自身がRINNEに対する好奇心でいっぱいだから今後創作に至るかは私のアンテナ次第だけど^^;
    まだまだ『犬夜叉』を追いかけるぞっ、と!
    思うのでした。
    これも最終回を迎えた作品ファンの試練なのだな。

    拍手ありがとうございました(´∇`)
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]