忍者ブログ
11
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     寒いですねー。今日は天気も悪いので尚更寒いですが、皆さんには寒い話でもっと寒くなってもらいましょうか ̄∇ ̄←ばき
    寒いと言ってもアレですよ、ドン引きの寒さじゃなくて夏場に寒くなるお話の方の寒い話です;

    苦手な方はおやめくださいね^^;

    わたくしはここ半年ぐらい前から、夜のクレスの散歩も行っております。
    だいたい家事が終了して一息ついた後の、夜10時前後頃が行く時間帯なのです。
    とは言っても、この辺は田舎なので夜になると人通りはほとんどありません。
    車はたま~に通ります。
    唯一の救いは、道路一本隔てて向かい側が大きな県立公園なので、羨ましいことに夏なんかは若者が夜遅くまで公園でいちゃついて遊んでいたりすることでしょうか。
    しかしこれまた、公園と隣接してお寺もあるのです~;;;
    当然お墓もありますな ̄∇ ̄

    わたくしが公園を歩いていても、お墓の側も歩いているわけですよ。

    それがですね。
    気にならない時はまったく気にならないのですが、時にイヤ~な気配と申しましょうかオーラと申しましょうか、何とも言い知れぬ空気を感じる時があるのですよ。
    しかもこの辺は昔、畜産農家がありまして、死んでしまった牛をその土地に埋めていたとか。
    ご近所さんが家を建てる時には敷地から骨が発掘(?)されまして、恐くて人骨鑑定までしたそうです。

    そしてわたくしは見てしまった。

    心の準備はよろしくて?


    そう、それは一瞬何かの影かと思いました。
    見てしまったのです、わたくしは。



    四足歩行をする、

    下半分だけしか見えない、透き通った


    得体の知れない動物の姿を(((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



    街灯の真下でした。その大きさや大型犬よりも遥かに大きく、けれど牛にしては小さいサイズ。
    鹿っぽいような子牛っぽいような。
    そして畑の方へと下半身のみの動物は歩いて去っていきました;
    透き通っているのでバックの背景が見えているのでした;;

    しかし帰るにはそこを通って行かねばなりません。

    わたくしは決めました。
    何も見なかったことにしようそうしよう ̄∇ ̄;
    そうして何事もなかったかのようにしれっとそこを通るはずでした。

    はずだったのにぃぃぃ~T∇T

    あろうことか見てしまったまさにその場所で、クレスがピタっと止まりやがりましたよっっ。
    (||゚Д゚)ヒィィィ!
    リードを引っ張っても動いてくれません。

    クレスの視線は・・・


    まさにソレが消えていった畑の方をガン見しておりますっっ
    尻尾も振らず、耳はそばだて、あきらかに畑に全集中を向けている。
    (||゚Д゚)ヒィィィ!

    流石のわたくしももう耐えられない。恐いもの見たさの本能であるのか、チラッとわたくしも見てしまいましたが、そこには何もおりません。
    (||゚Д゚)ヒィィィ!イネーヨ!

    ちょっ、クレス行くよ!

    そう言ってクレスに呼びかけますが、次の瞬間、またしてもわたくしは(||゚Д゚)ヒィィィ!となるのです。


    クレスはガン見したまま、
    次第に、尻尾を、振るでは、ないですか!!!

    (||゚Д゚)ヒィィィ!



    え!?来るの?来るのっ!?こっちに向かって来ているのっっ!!?
    来ないでぇぇぇーっっ;;;;;

    クレスを引きずるように帰ったのは言うまでもありません;;;
    しかしその時、確かに何かイヤ~な空気を感じていたのは確かです。



      


    わたくしは、俗に言う霊感が強い訳ではありません。でも弱い方でもありません。むしろ強かったのはわたくしの母でした;

    いやしかし待てよ。
    わたくしは帰ってくるとハタと思いました。
    イヤ~な気配やこういうのって、もしかして妖気や邪気と言うのではなかろうか???と。
    霊気とも言うのかもしれないですが、だいたい霊気・妖気・邪気の違いなんて知る由もありませんし^^;
    もしかしたら妖気・邪気を総称して霊気と呼ぶのかもしれないし(?)
    結界師なんかですと邪気と霊気は別もの扱いでしたけどね。

    もしかしてわたくし、巫女になれる!?
    とも一瞬思いましたが、煩悩に犯されまくっているわたくしは到底神聖な巫女さまになどなれないのでした;
    椿のような黒巫女ならなれそうです ̄∇ ̄;
    第一、巫女と聞いて真っ先に連想するのは巫女装束で・・もごもごっ//////
    いいなー犬夜叉ってばw←ばきっ

    コメントありがとうございましたv レス完了゚∇゚ノ
    拍手もありがとうございます!
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]