忍者ブログ
10
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     懐かしい『兄上登場報告』、原作がサンデーでやっていた頃の感想のタイトルだった。
    今日からアニメ終了まではアニメ感想のタイトルになります。
    さぁて、感想書くぞぃっ。初回ですから長いかと思われます^^;
    ※ネタバレポリシー(?)として、不特定多数の方の目に触れるものに関してはネタバレしていきます。
    携帯サイトなどの一部有料会員制でのみ閲覧可のものに関しては基本ネタバレはしない方向で^^; 話のネタ程度には出るかもしれませんが;



     時刻は26:20、日本テレビ、番組最終枠で始まった完結編。
    しの家の旦那様がようやっとご就寝遊ばしたのは25:00過ぎ、わたくしは睡魔と闘うべく、始まりの1時間ちょいの間にコーヒーを3杯飲みほし、シャワーを浴びた。←深い意味はありません(笑)

    そうしていよいよテレビの前にスタンバイ。
    おおおっー/////OP初っ端に高校生かごちゃんが登場っっ。チェックスカートにリボンw管理人好みで至極新鮮w
    このOPが楽しみの一つでもあります。
    感じとしては、先のアニメのOPの一つであった、相川七瀬さんの『終わらない夢』を思い出す感じでした。

    そしてOPと言えば、これから展開するお話が見え隠れするものです。

    鋼牙君の五雷指w
    神無と鏡の妖怪w
    百夜の登場w
    そしてw

    そしてわたくしは見逃さなかったっっ、兄上が爆砕牙を振り放つシーンをっっ(≧≦)
    兄上が爆砕牙を振り上げ、
    振り放つっっ、

    発射っ!!



    ビ~~~~~ッム!?


     ゚∇゚

    爆砕牙からビームが・・・!!
    どう見てもビームだ; 緑の光線ビームにしか見えん。
    爆砕牙ビーム;;;(笑)
    や、何も言うまい。
    だって動いている兄上が目の前で見れているんですもの///
    麗しいそのお姿が拝見できるのですものっ//////

    でもっ、

    でもっ、お月様をバックに兄上ご一行が横一列で行進するのはどうかと思うのね ̄∇ ̄;
    おまいらGメンかっ(古っ)。
    その並び順や『りん』、『殺生丸』、『邪見』。凹凸凹みたいな・・・^^;
    兄上だけでなく、りんちゃんと邪見がお月様をバックに行進していてちょっとだけふいちゃったのね;スマン;
    そんなところを含め、OPだけで既に懐かしさがこみ上げジーンとするわたくし。
    OPからCMに移る時にやる、小劇場(?)的なシーン・・・歴代で言うなら、きららが毬で遊んでいたシーンとか、七宝ちゃんが玩具を吹いて遊んでいたシーンとか、「この番組は・・・」って流れる場面のあのシーンです。それも今回は、七宝ちゃんと邪見でダルマさんが転んだをしているシーンで健在でした。

    念願だったアニメ復活は、昔の良いところをそのままに、本当に叶ったんだなぁ~ってしみじみして本編を待つと、すぐに始まったではないですか。
    深夜番組って、間のCMってないの?
    って、うおっ!?あれっ!?犬夜叉じゃない!
    一瞬わたくしは目を疑った。
    目の前に映し出されたのは『犬夜叉』ではなく、紛れもなく『境界のRINNE』!!

    うおー////アニメりんね!しかし何で!?と思いきやそれはサンデーのCMだったのだった。
    それはそれで何か得した気分だった ̄∇ ̄

    思わぬ収穫に更に胸の鼓動が増し、本編が始まった『犬夜叉 完結編』

    見出しの出し方もサントラも昔のままw
    自宅のテレビがアナログから地デジに変わったからなのか?画質だけはやたら綺麗に変わっているように見えたです。

    本編の内容はと言うと、ほぼ36巻の終わりの方から、38巻の中盤辺りまで。神楽が逝く手前ですね。
    桔梗様の結界が緩んでいるシーンとか、弥勒様に化けた七宝ちゃんのシーンとか、かごめちゃんの現代で補習のシーンとか、多少それ以降のお話も上手く盛り込んでいます。
    始まりは今までの繋ぎは一切なく、場面は先のアニメが終了した続きのように何の違和感もなく奈落のシーンからの始まりでした。
    怒涛のハイペースとは聞いていたけど、初回だからかな?予想以上でした。

    っていうのも、主要キャラのほとんどがご登場だったからかもしれません。
    拙宅のTOPに登場のキャラはほとんどお出まし!
    百夜と御母堂様が出ていないくらい。それに白童子や神無が加わった感じです。
    我らが兄上もご登場v
    邪見様の方が台詞は長かったけどね(笑)

    フフフ、これから殺りん展開が待ち受けていると思うと嬉しいねぇ(〃∇〃)

    来週は十中八九、神楽の最期のシーンでしょうが、今回はそれに向けての布石みたいな感じでしょうね。
    神楽が琥珀を助け、琥珀の記憶が戻っているとわかる回。
    神楽と琥珀メインの回と言っても良いでしょう。

    さっきも言ったように、後の展開が先に来ていたりと微妙に展開が入り乱れていますが、これもスタッフ様の、あれも詰めたい、これも詰めてあげたいっていうお気持ちの結果のように思いました。
    正直1回見ただけだと目まぐるしくて、あれよあれよと言う間に終わった感も拭えませんけど、ある意味これほどの内容にまとめあげてくれたスタッフ様はすごいよっ。

    何かこう・・、すごく頑張ってくれてるんだなって。

    番組の放送時間だってそう。
    日テレでは一日の最後の放送枠での放送です。犬夜叉の放送を最後に、一日が終了。

    ある日わたくしは、アニメ復活のことでこう言っています。
    確か日テレのアニメ7の放送が無くなってしまった時のこと。
    戌の刻での犬夜叉アニメ復活はもう有得ないと確信し、そもそもそんな大それた高望みはしてないけど、深夜枠・・・いや、OVAでも良い、アニメ第2弾復活して欲しい、と。

    それが一日最後の枠で放送となりました。
    最後の枠でも良い、どうにかして完結編を放送してあげたい、っていうお気持ちがスタッフ様にあってそう至ったとしたのなら・・・。
    もしそうだとしたら、本当に感謝感謝です。

    例え兄上の妖気の『器』編がカットされていようとね_| ̄|〇

    ああ~、あれがカットとはちょっと残念だったけどな~。
    全ては冥道編にかけるさ!

    沢山の拍手をありがとうございました^^



    Nりー様
    Nりーさん、心中お察しいたします。
    いつの日かきっと再放送されますよ!
    この時代ですからね、どこぞでは既に見れるのでしょうけど、やはりリアル放送を楽しみたいかと。
    気を落とされず、出来得る限り感想を書きますので少しでもお慰めになれればと思います^^
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]