忍者ブログ
11
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



     殺りん連続登場記録更新中(´∇`)ノ


    アニメが復活して以来登場し続けている殺りん。
    果たして最終回まで登場し続けることができるのかっ!?

    そんなweb配信の見出しみたいな出だし。
    あえて殺りんのネタで出だしを飾りたかった、みたいな^^;
    この気持ち、分かる方には分かるかと(笑)。

    まずは何と言いましょうか、殺りんが原作で公認展開になっている事実があるからこの回を安心して見れた感じでしょうね~。
    原作ではKYな邪見様に全世界の殺りんファンがツッコミ入れたシーン、負傷した兄上が海で黄昏ているあの場面からの始まりです。
    でも前回は魍魎丸には熟した柿のように潰されかけなかったので負傷しておりません。

    だから最初、そのシーンから始まった時はアレ!?って思ったのですよ。
    何故なら、兄上が海で黄昏ていたのは、魍魎丸にコテンパにやられて天生牙の結界に守られたという屈辱から傷心してのことだったと思っていたからです。

    ところがアニメでは負傷はしておりませんので、それが今回のシーンにどう繋がるかというと、神楽の回想に耽るわけです。
    原作では刀々斎に言われて思い出していましたけど、アニメでは違うんだね。

    良かったよ~;;;原作で殺りん公認を知らなかったら多分失恋したようなショックを受けてたね ̄∇ ̄;
    確かに、当時原作でここら辺の回をやっていた時は凹みがちだったけどな。

    それがまたさぁ、アニメでの回想ってば美しいんだっ。
    そんでもってさぁ、その回想ってば、神楽が「最期に会えた」って言ってんだ。
    神楽、本当に邪な気持ちもなく真っ正直な想いだったんだな~と思います。
    そこを回想する兄上も、神楽のことをね。
    それは『誰かの為の怒りや悲しみ』って、天生牙を鍛えなおしに来た刀々斎が言ってますが。
    今まで誰かの為の感情を見せてこなかった兄上だけに、その反動の衝撃波は良くも悪くも多くの方に及んでいるような気がします。原作でもアニメでも。

    や、ぶっちゃけ回想しすぎじゃね?・・なんてことはどうでも良いほどに、そこだけは殺楽って伝えられても許されるんじゃないかなって思う程に、なんかそこは切な気であり、よくできたシーンだったんだ。うん。

    だってさ、兄上の回想シーンが、




    神楽の、


    おぱーいポローンのシーンじゃ


    あまりにもお粗末だべ?





    やや;何か違うような気もするけど^^;
    なんて言うか、そこだけは私ら殺りんファンがどーのこーの触れて良いとこじゃないのかなって思った。

    そして、この神楽の展開でこれだけの盛り上がりですよ。
    冥界編になったらどんだけ~?ウヘウヘ(〃∇〃)と期待してしまうw

    アレも出ましたしな。りんちゃんの名言集その一つ。

    「強いし、優しいしねー」

    \(´∇`)ノ\(´∇`)ノ\(´∇`)ノ\(´∇`)ノ\(´∇`)ノ\(´∇`)ノ

    その優しい部分をどう優しいのか、アニメが復活したら期待していたところだったんだけどなー。
    っふ、多くは語らないってか。
    ならば・・・・。

    ならば妄想するまでよっ。

    うっはーwwwやはりあーんなこととかこーんなことなのかw
    語られないっていうのも別段悪いもんでもないね ̄ー ̄


    今回のタイトルは「冥道残月破」でしたけど、始まりと終わりに『冥道残月破はこうして生まれた』みたいなドキュメンタリー(?)が送られ、あと真ん中はほとんど『狐妖術試験』にムジナの話を混ぜた展開に仕上がってました。かごめちゃんの現代シーンもちらと出たね。
    ここ3回の中で一番落ち着いたペースだったんじゃないでしょうか。

    やはりオナゴ衆に囲まれる法師様のやらしそうな嬉しそうな笑いは格別です(笑)。
    その笑い方を、今日を以って『法師笑い』と名付けようではないか。
    法師笑い、あれ和むんだな(笑)。

    狐にばかされて法師様の集団に囲まれた珊瑚ちゃんがかわいかった・・・っ!!

    あえて一つだけツッコミを入れるとするならば。
    楓ばあちゃん、桔梗さまのことを「姉上」って言ってたけど、「お姉さま」でしょ?

    拍手、連打ありがとうございました!
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]