忍者ブログ
08
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     ふ~っ、やっとPCにありつけました ̄∇ ̄;
    やっとりんちゃんにありつけた兄上の如く貪ろうと思います(笑)

    すでに日はもう火曜。
    なのでストーリー構成なんぞはもう良いかなと思いますが・・・マイケル(花皇)の声、なんてハマリ役なんだ!
    若干棒読みが気になったが、声はすごい適役でしたな。

    で、感想。
    もうなんてーの?



    なんだか泣けてきたんだよ。



    まだよそ様の感想を読んでないので、それが私だけかわからないのだけど。
    何か・・・すごくかごめちゃんて健気だよなぁ。
    このマイケルの回は冒頭からかごめちゃんが犬夜叉を想う気持ちが出ていましたよね。
    けれど犬夜叉は桔梗様のことが頭から離れない。
    だけどかごめちゃんが可愛そうで泣けてくるわけじゃないんだよ。
    かごめちゃんの犬夜叉を想う純粋な気持ちに胸を打たれて泣けてくるの。
    悲しくて泣くんじゃない、嬉しくて泣くんじゃない、ただその人を見てるだけで涙するっていうか・・・
    だから、ただ「なんだか」泣けてくるんだよ。

    けどね、泣けてきたのも途中までよ。
    だんだん泣けてこれないのね。

    だってね、この回で一番のシーンって、やっぱりかごめちゃんがマイケルから犬夜叉を取り戻そうとマイケルと闘うところだと思うのですよ。
    いわば、かごめvsマイケル戦ですよ。
    かごめちゃんの心は犬夜叉よりも傷ついていて、その原因が犬夜叉にあることをかごめちゃん自身わかっていても、そのことを犬夜叉の前で言わさせない意志の強さ。犬夜叉への想いの強さ。
    その強さを備えていながら一方で傷つく人の心の弱さも持ち合わせている・・・何故ならば、それが人であり人を愛するということだから。
    ここはかごめちゃんの犬夜叉を想う大きな見せ場であったはず。

    なのにですよ!?
    泣けてこれないのですよ。


    あまりにも




    マイケルとマイケルの声優さんの声が合いすぎて、

    マイケルの声に集中しちゃうんだ ̄∇ ̄


    展開よりマイケルの声が勝っちゃってるんですよ。
    しかもその喋りは棒読みっぽいところもあって、
    更に早口なところもあって、決して気にするようなとこじゃないだろってところなのに、
    お話よりマイケルの声が気になるって・・・・・っっ!!



    一体何のマジックですか?


    マイケルマジック?(笑)
    だとしたら、すさまじきかなマイケルマジック!

    さぁっマイケルマジックにかかった同志はいかほどかっ!?
    私だけか ̄∇ ̄


    まぁ、マイケルはそれぐらいにしておくとして。
    あと言っておかなくてはいけないとしたら、神無のオリジナルシーンでしょうね。
    これには参った。

    妹分身・神楽の死を悟る神無のシーン。
    それと、神楽の扇子を湖に沈めるシーン。
    このシーンは大変貴重だと思います。

    って言うのも、原作ではもちろんこれらのシーンはないのですけど、これからアニメでも展開する神無のバトルシーンでは、神無が最後に奈落を倒す予言みたいなことを言うのですが、なぜ神無が奈落を倒すのにヒントになるようなことを言うのか、今一つ結び付きが弱いように感じたのですよ。
    確かにその前には、神無が神楽のことを気にした素振りが一回だけあったように記憶してますが(間違ってたらすみません;)、それも神無が奈落の弱みを敵に言い残すのには結び付きが弱い。

    その結び付きが、アニメで神無が「神楽、自由になった」、「私には、何も無い」と言ったことで出てきたと思うのです。

    けどね、けどねっ。
    それを言うならね、冥界編も然りなのね~T∇T
    殺りん展開がないままに、そこにいきなり冥界編の展開がやってきた時は、「へけ?」って感じだったな~。
    でもそれ以上に、『殺りん公認』という萌え爆弾が投下されたのでそんな些細な違和感吹き飛びましたけどね ̄ー ̄
    うーん、今思い出しても萌えれるっ///////
    冥界編には色々な面でやられた感があるね(笑)。

    なんにせよ、ここで神無のオリジナルシーンが描かれたということは、単に結びつきが強くなったってだけじゃないような気もします。
    スタッフが一キャラ一キャラに愛情を込めているんじゃないかなーって、そうも思えたりしますv


    ■メール御礼
    H様
    メールありがとうございましたv バナーもありがとうございます。後ほど作業させて頂きますね~^^

    Yさん、Tさん、コメントありがとうございました!レス完了~゚∇゚ノ
    沢山の拍手、連打ありがとうございましたv



    5日23時台 金魚ちゃん・・様
    金魚はどうなることかと思いましたが、とりあえず持ちこたえてくれて良かったです。
    金魚って飼うのが難しいのでしょうかね^^;
    頑張って長生きさせてあげたいと思いますv
    クレスにもお言葉ありがとうございました^^
    ソフィーがくるまでクレスの利口さに気付きませんでした(笑)
    ソフィーはやることはダイナミックではありませんが、興奮しやすく、また興奮すると飼い主の声も聞こえないようです。
    年を経て落ち着けば良い犬になるかもしれませんね~。
    それまでが長い!(笑)
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    << 新しいED HOME 親子 >>
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]