忍者ブログ
12
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ============
    ■殺りん御札DLFはこちら→
    ============     


     へけ?゚∇゚


    シマッタ!
    しでかしちまったかっ!?

    や、もしかしてわたくし、1回分のアニメをまるっと録り忘れてた!?
    ???・・・???・・・???

    っと、一瞬キツネにでも抓まれたのか自分がしでかしちまったのかと思い、イヤな汗を掌にかいてしまった今回の始まり;;;
    良いんだよね?あの始まりが始まりなんだよね?←言ってることヘン?(笑)

    今回のお話は、弥勒様を守る為、溶毒で溶かしてしまった飛来骨を再び珊瑚ちゃんが手に戻す為の弥珊の試練のお話。
    同時に、弥勒様も珊瑚ちゃんの為、そして自分の生き方の為、瘴気の苦しみを感じなくなる毒を薬老毒仙から頂くお話。

    テレビ派の方はご存知ないと思いますが、事の始まりは、夜な夜な生き物の骨だけを抜いて持ち去る妖怪を、犬一行が退治するところにありました。
    ところが犬夜叉が丁度朔の日で人間化してしまい、弥珊が犬かごに気を利かせて♡・・違っ(笑) 妖力を失った犬夜叉を除いて、弥珊だけで妖怪を退治しに行ったのですね。
    まぁ短く言うとこんな感じ? 詳しくはコミックにて ̄∇ ̄ ←ちゃんと宣伝してるから劇場版やってちょ♡

    でもって、その骨収集妖怪には病の父親がいて、その父親を治す為に、より多く、そしてより良い骨を喰らわせていたわけですが、流石は骨収集家(?)。
    目のつけどころが違うね。
    哀れと言うべきかお目にかけられたことは誉れと言うべきか、骨収集家にターゲットロックオンされてしまったわけですよ。
    飛来骨が!

    わたくしなら、狙うなら断然っっ



    ホラーマンキン骨マンだったが。
     (byアンパ*マン)     (byキン*マン)


    そこは流石はお目が高いっ、とでも言っておこう ̄ー ̄

    そうして骨収集一家に乗り込んだ弥珊ですが、これがことのほか難儀しまして。
    帰りの遅い弥珊を心配して、お留守番組みの犬かご達がかけつけることになるのです。
    ここからがアニメの始まりだったわけです。
    だもんで、なまじ事情を知っている方としては「???」となってしまったわけですね。

    さて、その難儀とは。
    骨を溶かして我が身とする妖怪ですので、毒でもって骨を溶かす、すなわち、風穴対策バッチシ!飛来骨対策ハッチシ!弥珊コンビとは相性が悪い相手なわけ。

    そこで弥勒様は無理して風穴を使い、そんな弥勒様を助ける方法として、飛来骨をも溶かす溶毒を飛来骨に仕込み、それを妖怪へと投げ打った、と。

    それはすべて覚悟の上。

    そこから薬老毒仙の展開が始まるのです。
    この展開は弥珊の展開と言って良いでしょう。
    薬老毒仙のお酒の中に溶けた飛来骨は本来の姿で珊瑚ちゃんの前に現れました。
    その飛来骨の元の妖怪達をおとなしくさせた時、飛来骨は復活するとのことです。

    妖怪達は二度と自分達を裏切らなければ復活すると言いますが、珊瑚ちゃんは、弥勒様の為に同じ事を繰り返さない約束はできないと言います。
    何度も飛来骨に約束しろと迫られますが、

    「飛来骨、お前達に偽りの誓いは立てられない」、と。




    許す♡



    わたくしならもうその言葉で許す ̄∇ ̄
    もう良いじゃないか。飛来骨よ。
    偽りの誓いは立てられないとまで言い切った珊瑚ちゃんのその言葉で、もうチャラじゃね?
    わたくしはその時の珊瑚ちゃんが、すっごくかっこよく思えた。
    嘘を言わない珊瑚ちゃんが、すっごく健気に思えた。
    どれだけ飛来骨を大事に思っているか、その言葉で伝わってきたんだ。

    飛来骨は、自分と弥勒様を天秤にかけて、男を見捨てても我らを裏切るなみたいなことを言ったけど、珊瑚ちゃんの中では飛来骨も弥勒様も最早比べる対象ではないと思うのね。
    それぞれにそれぞれな存在。
    大切は大切でも同じではない、異質な想い。

    けれど飛来骨はそうはいかなかったのですね。
    っふ。
    アホめ ̄ー ̄
    珊瑚ちゃんのタワワなおムネにギュっとされる瞬間をみすみす逃すとはお主もアホよのぉ~。←ばき

    まぁ結局最後はおムネにギュッとされちまうんだが。ウラヤマシス。

    と言うのも、その頃同時進行で瓶の外では弥勒様が瘴気の苦しみを感じなくする毒(薬)を飲んでいたのです。
    いたずらに命を縮めてしまうだけだと犬夜叉には反対されましたが、それは死ぬ為ではない、生きて珊瑚ちゃんと闘う為。

    実は原作でこの回をやった時、それって弥勒様が望んでいることであって、それで弥勒様が死んでしまったら珊瑚ちゃんを悲しませるだけではないのか・・・?と思っていたんですよ。
    珊瑚ちゃんが望んでいることでは決してない、そう思ってました。
    珊瑚ちゃんもきっと、毒を飲む場にいたら止めてたと思うし。
    なので、弥勒様は生き方が選べるということだとは言ったけど、本当に珊瑚ちゃんのことを思ったら、本当は飲まないべきなのかなって。
    でもやはり、守られて足手まといな闘い方は、珊瑚ちゃんの命すらも危うくする、そういう思いもあるだろうなって。

    難しいですね。

    弥勒様は迷うことなく飲むことを決断したけれど、第3者から見ればどちらが本当に良いことだったのか、未だに判断がつきません。

    ただ、前は(原作の時)、どちらかというと弥勒様のわがまま(望み)に偏って見えたところが、今回は珊瑚ちゃんを守る為の想いが強いように見えました。
    今更気付くのも遅いけど、飛来骨の復活は、珊瑚ちゃんが弥勒様を想う気持ちと、弥勒様が珊瑚ちゃんを想う気持ちがあって、はじめて成し得たことなんだなって。
    それが飛来骨に伝わった。

    やはり飛来骨も珊瑚ちゃんのことは特別な存在になっているのですね。
    だからこそ、弥勒様の覚悟で復活を許した。
    それだけの男と言った珊瑚ちゃんの言葉の通り、それだけの男に値するか、それを見届けるに値すると(ややこしい;)、思ったのですね。

    流石は珊瑚ちゃん、男だけじゃなく妖怪の心をも掴むとはw

    そうして甦った飛来骨の初戦闘はちょっとばかし仕掛けがります。
    それはいずれアニメにて^^


    さて。
    我らが兄上、3週連続登場なしでかろうじてEDで飢えを凌いでいる状況ですが、次回のタイトルから察するに来週こそ登場してくれそう予感v
    実に1ヶ月近くぶり!

    っちゅーか!
    来週ってもう27日!?
    ぅわっっ!!もう今年が終わる~;;;

    ■M様
    お忙しいところメールありがとうございました!後ほどご返信いたしますので今しばらくお待ちくださいませ~!

    沢山の拍手、連打をありがとうございました^^
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]