忍者ブログ
08
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     お子様が成長するって、いいね!大掃除がはかどるはかどる(´∇`)
    みんなでやれば早く終わるから、その分自由時間ができるよwっと言ったら、私も含め気合い入って終えれました(笑)

    おかげで「完全な冥道」をじっくり見れましたよ~v


    ああ・・


    もうっっ



    シアワセすぐる\(≧▽≦)ノ


    正直なところ、「冥界の殺生丸」より萌えたっっ/////////
    期待の「冥界の殺生丸」の回は、(殺りんファンにとって(笑))大事な台詞が抜けていたり、原作のような感情表現が薄かったりと、勝手に期待をしすぎてコケた部分があったからね。
    内容的には断然「冥界の殺生丸」であったはずなんだけど、だからこそ余計に今回の回でこんなに萌えれるなんて思ってなかったんだ。

    まず第一に兄上単独萌えでしょ。
    今回のお話は死神鬼から天生牙の秘密を聞かされるエピソードですので、いわば兄上が主役の回。
    死神鬼の、小さいけど強烈な冥道残月破を避けたそのお姿を見ただけで・・カッコイイ(〃∇〃)
    ってーか、兄上の麗しいご尊顔がアップになっただけでもうシアワセ♡
    風で御髪とお袖が靡いて兄上の体の線が露になった日にゃ身悶え//////////

    その胸板の厚さったら・・っっ!!! ぶっっ(鼻血)
    鎧越しにわかるウエストのくびれ・・っっ!!! ぐはっっ(吐血)

    か・・かっこよすぎるーーーっっ(〃∇〃)
    もうずっと一時停止しちゃってたいよ//////
    叶うことなら(叶わないけど)、一度で良いからその懐に飛び込んでみたひ♡
    抱きしめてくんなくても良いから(笑)

    でも物語が進まないのでしょーがなく(?)再生。
    もう今回の兄上は一体全体どーしちゃったんでしょーかと言うぐらい、とても表情が豊かです。
    死神鬼の冥道残月破を見て驚いた兄とか、自分の残月破が死神鬼の残月破に呑み込まれて驚く兄とか、天生牙の秘密を聞かされて心穏やかでいられなくなった兄上の憤りのお顔とか、父上の真意を怒りを覚えつつ考え込む兄上とか、犬夜叉に庇われて静かにイラっとしている兄上とかっ///////
    主に、驚き→怒り→驚き→怒り・・の豊かさでしょうか ̄∇ ̄;
    余程喜びの表現を知らないと見えます(笑)
    幼少期、御母堂様によって教わったのは『驚く』ことと『怒る』ことだけだったのかもしれません(爆)

    しかしまぁ、原作でも終わりに近づくに連れて兄上の表情は豊かになっていったので、アニメでのこの演出は自然でしょーね。

    それから意外にも兄弟萌えもできてしまう今回。
    天生牙の秘密を知って一瞬でも気力喪失したのでしょうか、死神鬼に冥道残月破を放たれ危うしというところを犬夜叉が風の傷で庇います。
    そこですね、静かにイラっと弟を睨んでいたのは^^;
    その後はお約束のグーでパンチw 余計なことをするなってことですね。
    この展開は本当にこの兄弟のお約束。
    そして再び死神鬼の攻撃から共に避けた瞬間に、空中で鉄砕牙と天生牙が共鳴し合うのですが、この二人が共に敵に対峙している様は何でだか萌えるんだw
    プチ天下覇道って感じです。

    しかし萌えはここで留まることはない。
    なんとまさかの殺りん萌え(≧≦)

    死神鬼の攻撃に殺生丸サマを心配するあまり、「殺生丸さま!」と叫ぶりんたんw



    数えること4回



    4回ですよ!そのいたいけな幼女が大妖怪を心配する姿が4回も・・・っっ。
    内1回は小さくて表情とかも描かれてなかったけど、内3回はとても不安そうな顔で心配しているりんちゃんのお顔w←殺りんビジョン?
    そばに琥珀が居ようが邪見様が居ようが、もう殺りんビジョンの視界は二人の世界v
    ああ、りんたん、ちみなら兄上の懐に飛び込んでも許されるよ。
    また兄上が、犬夜叉との闘いで失った左腕のことを、闘いの上でのことだから恨んでなどいない・・と言うほど闘う時には敬意と誇りを持っている男ってのが、『闘いに生きる男とそんな男を慕ってしまった少女』という何ともありがちだが何とも切なげな萌え要素に繋がるんだv

    何だよこの回、すっげー萌ゆるじゃねーの/////////

    兄はめちゃくちゃにかっこいいし、殺りん萌えも非常にクオリティー高いし(って、ただりんちゃんが「殺生丸さま!」って叫ぶだけだけど^^;)、憤る兄上大好きだしw
    ぐっじょぶ!スタッフ!!
    ありがとう~スタッフ様!

    この調子で、また殺りん萌え要素を入れてくれたまへ♡ ̄∇ ̄←ばき

    いや、正直、今回でこんなにもすんばらしい殺りん萌えを見てしまったら、曲霊編も楽しみにしてしまったり^^;
    曲霊編は死神鬼編とは違い、闘って死ぬことを誇りとしようとする兄上が描かれますから、そんな兄を目の前にしたりんちゃんは今回どころじゃないと思うのですよ。
    原作では邪見様と一緒に涙を流していましたが、アニメではどのように描かれるのでしょう。



    楽しみで仕方ありません。
    ↑静かなるスタッフさまへのプレッシャー?(笑)


    連打、拍手共にありがとうございました^^

    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]