忍者ブログ
08
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     お話の展開から察するに、留美子展での『黒い鉄砕牙』あたりだろうというのは思っていましたが、ほぼ『黒い鉄砕牙』でしたね(笑)

    まず冒頭。
    『黒い鉄砕牙』の冒頭は確か、兄上が海で黄昏ているシーンから始まるのですが、そのシーンがちょい後になってその代わりに後のシーンが先にきている、そんな風です。
    それは、別に『黒い鉄砕牙』と違いを見せようとか言うのではなく、単に14話からの続きを思わせるのにこちらの方が自然に見えるからだろうなーと思いますが。
    それでも見た限りでは、『黒い鉄砕牙』が手元にないのでわかりませんけれど、私の記憶があっていれば若干オリジナリティーが加わったかな!?ってところもあるような気もします。

    まぁね、ぶっちゃけ使い回しでしょうが(笑)

    でも私は、この回が『黒い鉄砕牙』そのもので来ても、まぁ良いかなって思ってました。
    『黒い鉄砕牙』は良いですよ。
    クオリティーの高さ、画質の美しさ、作画の美しさ、犬夜叉という作品のノリ、どれをとっても良い物ばかりなので、あえて別に製作する必要性もないのかな、と。
    逆に言えば、別として製作するに必要な理由が見当たらない。
    細かいこと言えばありますけどね。

    天生牙が折れた時の兄上の表情は、こうじゃなーーーいっっ、とか。
    犬夜叉のことを大丈夫よ!!っていうかごめちゃんや犬一行にまざってりんちゃんも頷くところなんて・・・ナゼアナタモウナズク???って思ったり^^;

    でもまぁ・・・



    兄上のかっこよさに変わりはありませんから(〃∇〃)
    うへうへ///////



    殺りん視点の妄想も良い塩梅ですv

    シーンが前後して冒頭にもってこられてたのはそのシーンですね。
    『小さい人』達だけじゃまた奈落に襲われてしまうと心配した犬一行が(原作の流れ)、『小さい人』達と一緒にいてくれているところです。
    邪見を虐めながら待つ犬夜叉、焚き火を囲みながら団らんする一行とりんちゃん、そして琥珀。

    重要なのはここです。
    良いですか、殺りんファン諸君。
    と言うよりは退治屋兄弟ファン達よ。

    ここで琥珀のポジションを見るが良い。


    兄上一行にいるはずの琥珀、その琥珀が!

    犬一行と合流している時は、

    りんちゃんの側ではなく、



    姉上の側をキープ♡ですよ!


    どんだけ姉上ー♡なんだ(笑)
    いや、琥珀は一時でも側にいれるなら、珊瑚ちゃんを安心させてあげたいと思っているに違いない。
    琥珀くんはそういう心根の優しいヤツなんだ。

    しかし、なんかすごいな・・・。
    珊瑚ちゃんのところの図だけを見ていると、左手に弥勒様、右手には琥珀、両手に珊瑚ちゃんを慕う人達(笑)
    流石は美人退治屋おねぇさま///////手なずk・・ごぼっごほっ
    しかしもっと重要なのはこの先よ。

    この頃兄上は、奈落の差し金で白夜から神無の鏡の破片を渡され、それを砕いて天生牙にまとわせているところでしょう。
    そしてこのすぐ後、お留守にしていた兄上は犬夜叉のいる『小さい人』達のもとへ戻って参ります。

    それにいち早く気が付くのがりんちゃんなのでございます(´∇`)ノ

    そのすごさたるや、


    半妖の犬夜叉ですら兄上の妖気に気が付かなかったのに、

    退治屋である珊瑚ちゃんも大妖怪の出現に気が付かなかったのに、

    あろうことか弥勒様やかごめちゃんの霊力をもってしても気が付かなかったのに、

    なのに、

    りんちゃんは気が付いた!



    恐るべしりんちゃんの兄上検知器!



    真っ先に兄上のお戻りに気が付いたのねーんw
    従者暦〇百年の邪見すら気がつかなんだのにw
    りんちゃんの兄上検知器は第六感みたいなものなのだろうか?(笑)

    りんちゃんてば、本当に兄上に感しちゃ敏感なのね//////色々とvうへうへ(〃∇〃)

    けれども、依存しているのは何もりんちゃんだけじゃありません。
    この後、鉄砕牙の継承者を見定める兄弟対決に突入します。
    が。
    先ほども言ったようにそこには奈落の思惑も一枚噛んでおりますから、外野からは一斉ブーイング。
    りんちゃんも兄上をとめます。
    琥珀を殺そうとした奈落の言うことなんか、聞かないで!っと。
    兄上には痛恨の台詞だったことでしょう。
    しかも最強の手札が使われてしまいました。
    その名も、



    「りんのお願い♡」カード!!


    りんちゃんに「お願い!」と言われてしまったのですよ。
    まさにりんちゃん版『おすわり』だったことでしょう。

    白夜は思ったはずです。
    ヤバイ!と。



    「このままじゃ殺生丸が骨抜き言いなりになるっ」 と。



    なんせ、りんちゃんが兄上の弱点であるのは奈落側も公認ですから ̄∇ ̄
    白夜がそう思うのも(?)ムリありません。

    なぜなら。

    アニメでは、りんちゃんが「お願い!奈落なんかのいうことなんか聞かないで!」って言うと、兄上に若干の間ができます。
    その『間』、アニメではほんの1秒くらいかもしれませんが、兄上にしたら迷いの無いものに『間』などできません ̄∇ ̄
    でもそう思っているのは私だけで、もしかしたらアニメでは1秒程度だったものが、実は1分くらい兄上が迷っていてカットされているのやも(笑)

    それで白夜は幻術(異空間忍術?byナ〇ト)で場所を変えるわけですね~ ̄∇ ̄

    突っ込めばもっと殺りん視点はあるのですけど、時間がきてしまいましたのでここまでで。
    内容はほとんど『黒い鉄砕牙』そのものでしたけど、今回完結編にも放送されたおかげでゆっくりと楽しむことができました^^
    実のところ、これで留美子展を見に行かれない方でも唯一同じ作品を共有できたんじゃないかなって思います。

    拍手、連打共にありがとうございまいした^^
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]