忍者ブログ
11
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     今回のお話はかなりオリジナリティー要素が濃いですね~。

    そう思える一つは、瞳子様が、単なる奈落の行きずりに巻き込まれた被害者の巫女ではなく、瞳子様自体、奈落との因縁をもつ巫女として描かれているところでしょう。
    幼き頃の瞳子様の前に、その命を奪うべく奈落が現れます。
    瞳子様のおじい様のお話の様子ですと、すでに桔梗様が亡くなられた後のようです。
    その瞳子様の霊力は桔梗様にも匹敵するとおじい様が申しております。

    奈落はその絶大な霊力が故、瞳子様を生かしておけぬと思ったらしい。

    ってことはなにか?奈落ってば、桔梗様が四魂の玉を持ったまま亡き後、巫女狩りでもしていたのか?
    おお~///色んな妄想が生まれるねぇ//////
    まぁそれは次回に語るとして。

    もう一つ、「かごめ」という名前の由来をストーリーに絡めてきました。
    今回かごめちゃんの力を引き出すに至った最大のヒントとして大きく貢献しています。
    その為に子供時代のかごめちゃんも登場!!

    かわいいー!

    瞳子様の幼少期もかわいかったけど、かごめちゃんも大人になったら、瞳子様みたいに目がすっとした美しい女性になるのでしょうかねv
    これをりんちゃんで妄想せずにいられましょうかw
    りんちゃんも美しくなるのかな~(´∇`)


    何だか今回は、オリジナリティーがかなり加わったせいか、原作を平面的として捉えると、完結編は立体的になったようなイメージ感覚です。
    結局、瞳子様と奈落との因縁は誰に知られることなく瞳子様は亡くなっていかれましたが。
    そこがちょっと寂しかったかな。

    で。

    私の勘違いかもしれませんけど、もしかして・・・新しいBGM流れてた???

    かごめちゃんが廊下で色々と考えを巡らせている時と、奈落を打ち抜いた後に瞳子様がかごめちゃんに話している時・・・?
    勘違いだったらすみませぬ^^;

    それにしても奈落、瞳子様を撃ったと思っていたかごめちゃんの矢が、まさか瞳子様を通り抜けるなんて予想もしてなかったんでしょうね。
    矢が瞳子様の前で消えて、自分に飛んできた時の表情、すごかったもんなー(笑)



    まるで、

    ゴキブリが己めがけて飛んできたかっっ

    というぐらいの形相だった。


    私も経験あるけど(笑)、確かにあれはこの世の出来事とは思えないほど信じがたい・・や、信じたくない状況だよな;

    以前の犬夜叉の放送で、退治屋兄弟のお話だったけど、「あの顔が心から消えない」っていうタイトルがあるんだよ。
    奈落のあの顔、まさにソレ
    ようつべで変に加工されて使用されなければ良いが・・・と心配になるほどネタになる顔だったよ ̄ー ̄;

    沢山の拍手、連打をありがとうございます!
    頑張るでぇー( `・ω・´)

    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]