忍者ブログ
08
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     こういうのは突然やってくるものだ。
    わたくしのPCが・・・風になった、もとい、逝ったT∇T
    色々やって駄目だったけど、再セットアップしてどうにか;;;でも小説の書きかけとかストックネタとか、全部消えたけどねT∇T
    イラストのファイルだけDドライブに入れといたからセーフだったけど。
    何にしても痛よ。うっ。顔文字の登録もまた一から入れなおしか。
    ちきしょー、一日かかっちまったいっ。


    さて、そんなんでも昨日地道に描いていたネタバレイラストが消えてなくて良かったよ。
    今回は大収穫ですぞっ!私的に。
    残念ながら兄上の連続登場も前回まででしたが。
    仕方がないのでそこはEDの兄上様で我慢するとしますよ。

    今回はタイトルのごとく「魍魎丸の最期」ですから、奈落が魍魎丸を喰らい、己の心臓である赤子を取り込むお話ですね。
    よもや奈落との決着もここで着くか!?というように、そこには魍魎丸をはじめ、桔梗・琥珀、鋼牙君、犬一行が集結し、未だかつてなく奈落の窮地をみるわけです。

    が、一行達はともかく、魍魎丸の前に奈落が現れたのは奈落の計画的算段。
    その前に結界をも溶かす溶命樹に四魂の欠片を与え、自ら喰らって赤子の結界対策も万全w
    流石は奈落。
    「ご利用は計画的に」という某CMのキャラクターに、是非ともキサマを推薦したい。
    奈落は良い主夫になれるとわたくしは確信している。

    そんな奈落の策略とも知らず、奈落を喰らってやったわと得意げな魍魎丸。
    その時!わたくしは見た!萌えた♡

    金剛の触手で絡め取られた鋼牙君の、うっ・・・という呻き声と苦しそうな表情に(〃∇〃)
    すまん、鋼牙君;
    しかしあの濡れ漏れ声は最早ファンサービスにしか聞こえんのだ//////
    ごちそうさまです。
    あれが兄上だったら今頃身悶えのしすぎでその辺に屍となって転がっていただろう。

    しかしこの時、本当のファンサービスはこの後だったことをわたくしは知る由もなかった。

    鋼牙君を絡め取ったままいよいよ奈落の脱皮の時がやって参ります。
    魍魎丸の中からじわじわと食つくし、赤子が気づいた時には時すでに遅し。
    めりめりと魍魎丸の面の皮が突っ張って、ついに破れ出でたそのお姿は・・・っっ!!





    選挙ポスターかと見紛うほどの


    爽やかスマイル殿だった
    (キラキラフィルター付き)




    殿ーーーっっ、一体どうなされたっーーーっ!?



    ご乱心召されたのか?


    何でそんなにキラキラしょってんですか(爆)
    や、奈落だからキラキラしょっちゃいかんとか、悪党だからってキラキラ使っちゃいかんとか、そんな法律ないけども。
    が、何故今になってキラキラなのか。いいよキラキラ。大好き、こういう演出w
    わたくし、初めてキラキラブラシを正しく使った気がします(笑)

    ネタバレイラストにしてはやたら気合入れてしまいましたがな。
    ネタバレイラストにしておくには勿体無い。
    TOPにしようかと思うほどの気に入りっぷりなのだけど、如何せん関西は今日これから放送するので、明日にでも期間限定でうpしようかと思います。

    でもって、単に笑って萌えてもいられない。今回は萌えてみたり笑ってみたり泣いてみたり。
    それはまた次回ということで^^;


    拍手、連打ありがとうございます!レスは後ほど追記追記完了゚∇゚ノ


    りちょまる様
    りちょまるさん今晩は~^^
    先日は素敵な萌えイラストをありがとうございました!
    特にさりげなくオサワリしている兄の手(笑)
    このままこの人は止まらないのだろうというマジな心意気が伝わってまいりましたv
    拙宅の兄にもお言葉ありがとうございます^^
    そう、悲しくて美しい、死とは美と隣り合わせなのかもしれません。死を美化するのは逝ってしまった者への餞であり、それでこそ生きていく者の心へ居続けることができるのかもしれません。そんなことも考えさせられた一作でした^^
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]