忍者ブログ
12
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     ドキドキドキドキドキドキド・・・お、オンナってきょわい(´д`;)
    スワッチが犬夜叉の出来を「女性にとって厳しいのかも・・・」と仰ってたので、決してそれだけに限らないおって思ってたけど、今回のお話は色々な意味で女性にとってキビシイ(笑)

    もう見終わってもドキドキが止みませぬもん(笑)
    正直、胃が病みそう(爆)
    『梓山の霊廟』と言う事でタイトル通りそれがメインの今回でしたが、やはりアニメで見るとオンナの迫力が違うね ̄∇ ̄

    桔梗様の思惑(琥珀の欠片で玉ごと奈落を浄化する)に気付いた奈落が、桔梗様と犬夜叉とかごめちゃんを陥れ、桔梗様を救えるのはかごめちゃんしかなく、その為のアイテムをかごめちゃんが霊廟へ取りに行くお話です。

    その霊廟の精霊に心を試されるかごめちゃん。
    かごめちゃんから見れば、試しているのは桔梗様のようにも見えるようです。確かに。
    桔梗様の言い方には何かいやらしさを感じなくもないですからね^^;
    だからかごめちゃんの心にも負の心を生ましてしまうんでしょーね。

    そしてかごめちゃんの人間としての負の心を招くように一役かうのが奈落。
    奈落によってあらかじめ桔梗様と犬夜叉の立ち入れない絆を見せられたかごめちゃんは、霊廟で桔梗様に姿を変えた精霊に会うわけです。
    あっさり弓を渡してもらえますが持ち帰れず、そこでかごめちゃんの中の桔梗様イメージが展開されていくわけです。
    つまり、かごめちゃんにとって桔梗様がどのように映っているか、を。
    精霊も最後に言ってましたしね、お前が作り出した巫女の姿だと。
    それを断ち切れた時、はじめてかごめちゃんは弓を持って帰れるのです。

    かごめちゃんの中の桔梗様はそれはひどいもんでした。
    そりゃね、以前は殺されかけたわけだしさ、四魂の欠片だって奪われたし。って、まさに霊廟の展開もそのもの。
    こういった桔梗様の過去の仕打ちが、そのまま精霊の桔梗様へと変換されたのでしょう。
    いつの間にかに崖から蔓一本でぶら下がっていたかごめちゃんの前に現れた桔梗様は、弓を渡せと。
    けれどそこに、弓を渡したら桔梗様はかごめちゃんを見殺しにすると、精霊の格好をした桔梗様が現れます。
    それは紛れもなく、弓を渡したらそのまま自分は用済みなのではないかと不安になっていたかごめちゃんの心の表れかと。

    そこからのドキドキはもう頂点ですよ。
    犬夜叉を巡る人間の愛憎絵巻(笑)が。

    そこでかごめちゃんが自分の言った言葉ではっとします。
    桔梗と犬夜叉に立ち入れない絆があるように、自分にも犬夜叉と自分だけが過ごした時間があるのだと、桔梗の知らない犬夜叉を自分は沢山知っているのだと。
    桔梗と自分は対等、だから(過去を引きずって)恐れることは何一つないんだと。
    そう思った瞬間に蔓は蜘蛛の糸へと変わり、断ち切れます。
    犬夜叉がキャッチするシーンは次回繰越し?そこで霊廟の展開は終わりました。

    この展開が終わって思ったことは、かごめちゃんはもしかしたら、桔梗を恐れるだけじゃなく、桔梗への負の心を持つことにも恐れていたのかなって。
    本編でも言ってますけど、「例え犬夜叉が許しても自分が許せない」と。

    しかし、かごめちゃんの中で負の心が取り巻くのは今に始まったことじゃありません。
    桔梗なんていなくなれば良い、一瞬でもそう思ったこともありました。
    その負の心に付け込まれて赤子に魂を握られたこともありました。
    いつも自分を試すようなこと言う、と桔梗様へ対しても思っています。

    でもそれは人間として当たり前に持つ感情。それが人間味というもの。
    現に、赤子に魂を握られた時はその思いに気付いて窮地を切り抜けましたしね。
    同じように、甦った当初の桔梗様の心にも負は存在はしてた。もしかしたら今でもあるのかもしれません。
    当事者同士は気付かないのかもしれませんが、二人とも人間として(桔梗は元人間?)当たり前の感情を持っているだけ。そう思うのです。
    桔梗様とかごめちゃんと、そこには何ら変わりはありません。
    どちらがどうのとかではなく、桔梗様にだって、かごめちゃんにだって、例えば理性や邪念など付属品的なものを取り除いていった時、根底に残るのは『ただ犬夜叉が好き』、その気持ちのみでしょう。
    そこに様々な柵や要素が付き、人間絵巻となるのではないでしょうかね^^;

    かごめちゃんが、桔梗と私は対等、そう言った先にあるのは単に『立ち入れない絆』と『一緒に過ごしてきた時間』をさしているのかわかりませんが、私はそういう意味も含めて対等なのかなって思ったり。

    だいたい、この世の中に人間ほど感情に長けている生き物はいないのです。
    全ての生き物の中で、唯一人間にだけ与えられているもの、それが豊かな感情の先にある『豊かな表情』。
    だからこそそこに物語が生まれる。

    まぁ綺麗ごとの御託を並べているだけと言われればそれまでですけど(笑)
    だってさ、だからって殺されかけて良いのかって言ったらそりゃヤベーだろって思うし^^;

    一つ謎なのは、以前犬夜叉が言った言葉、「桔梗はもう、昔の桔梗じゃねぇ」って台詞。
    昔の桔梗様じゃないのは私から見てもわかる。
    彼女は変わった。
    けど何が彼女を変えたのか?どうして変わったのか。
    そう言えばどの辺から変わったんだっけかな~???

    う~む・・・・・。今思い出してみても、



    殺りんばかり追いかけていて全然わかりません

     ̄∇ ̄;



    所詮わたくしの脳は殺りん色で染めきっていまさーね;
    その辺のことは素敵考察サイト様で読めるかしらv←他力本願;;;

    まぁそれはさておき、私にとって肝心の兄上様のご登場♡
    フフフ、次回で見てたんでね!期待しておりましたさv
    今回は殺りんでご登場~(´∇`)ノ
    琥珀君が白夜の毒蛇に襲われて、危機一髪兄上参上ってあのシーンですわ/////

    決め台詞もきまってかっちょいーーー(≧≦)

    しっかし殺生丸さま♡
    余所見をしているようで、ちゃんとりんちゃんの行動に目を配って遊ばしていますのねw
    蛇に噛まれて倒れている琥珀くんに手を伸ばそうとした瞬間、「触るな。毒蛇だ」と止める兄上。




    まぁ♡兄上



    そんなにりんちゃんの手が


    琥珀に触れるのイヤですか?



    あらあら♡
    自分以外の殿御に触れてほしくないのですね?うふうふw

    やはり日頃から、りんちゃんの行動とか♡ 仕草とか♡ 些細な表情の変化とか♡
    まぁ諸々りんちゃんに釘付けなんですねwうへうへw

    あー、こんな僅かな展開で萌えてしまう殺りんファンの性が悲しいっっT∇T
    悲しけど楽しいっっ(笑)


    沢山の拍手、沢山の連打ありがとうございました^^
    もっともっと皆さんに喜んでもらえる作品が創れるよう精進いたしますv



    Nりー様
    2回にわたってのメッセージをありがとうございました^^
    私もそうです!
    パソコンはおろか、テレビを見てましても私の行動は気になるようで(笑)
    なのでサイト活動や創作活動が昼限定になってしまうんですね~T∇T
    配布絵のお持ち帰りとお祝いのお言葉もありがとうございました!
    人物だけは結構早くにできあがっておりましたけど、爆砕牙や鉄砕牙に妙に時間を割いてしまいました。
    殺りんサイトなので殺りんをと思ったのですが創作意欲がこちらに向いてしまいました。
    今進行しているのは五雷指で、鋼牙君とあわせて描きたいと思っているのですが、冥界編がもうすぐなので殺りんも描きたく^^;
    迷ってしまいます;;;
    どちらにせよ、また精一杯持てる力を注いで頑張りたいと思います^^
    メッセージありがとうございましたv
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]