忍者ブログ
08
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     時は7月3日。
    世間では七夕のネタが続々アップされる頃、冬のお話を今頃完結させているという不甲斐ない管理人ですこんにちは^^;
    せめてもと、サーチ様の登録バナーは七夕を意識したものにしてみました;

    聊か後ろめたさはありますが(←『異族』を完結させてないから;;;)とりあえずこれで絵に移れます。
    ってか、もう半年も絵を描いてなくて描けるんかいな自分;っていうのがあるのでどうか絵に移らせてください(><)
    と、自分に言い訳←ばきっ

    ところで、9年前の丁度この7月、テレビに初めてりんちゃんが登場しました。そこからわたくしの殺りんファン歴が始まり、アニメが終了してサイトを立ち上げ、原作で更なる殺りんを追っかけ、自らも自らの殺りんを追ったわけです。
    そんな最近、特に小説を書いていると感じることがあるのです。

    原作では極少ない殺りん展開、けれど中身は濃ゆかった。
    そして最終回のあの兄上の貢ぎっぷり。

    自分が書くお話も、原作が進むにつれ、当初自分が思い描いていた殺りん像から、次第に変わっていっているな、と。
    それが小説を読み返すとその自分の中の意識変化が赤裸々に(?)わかるのですよ。

    今もさして変わらないかもしれないけどあの頃はイタかったな~ ̄∇ ̄
    若気の至りというのも追い風となった(笑)

    まぁ、兄上が原作当初から最終回に向けて大きく変わっていったという理由が一番大きいと思うのですけどね。
    その証に、りんちゃん像への意識変化ってそんなにないんですけど、兄上への意識変化って大きいもの。
    あと、自分が歳をとって見方が老いてきたってところかな^^; イヤダーッッ_| ̄|〇

    この9年間という歳月を色々な意味で感じずにはいられない管理人でした。

    拍手ありがとうございましたv
    お次はイラストでぃ!

    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]