忍者ブログ
11
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     お誕生日が来ても兄上は歳をとったようには見えないというお話が昨日のネタでしたが。
    ふと、わたくしがまだうら若き少女だったころに読んだ漫画が思い出されました。

    「みかん・絵日記」でも知られる安孫子三和さんの代表作の一つ、「真夜中をすぎても」。

    えー・・当時リアルに読んでいたのは別マとジャンプぐらいで、私はこれをコミックスで読んでました。
    今思えば、これも種族差萌えだったんだな(笑)

    内容はうろ覚え・・・
    13日の金曜日の2時(12時だったか?)に合わせ鏡をしてできた鏡の道を悪魔が通る、というのをある日人間の子供が実行するのです。
    そして本当に悪魔が通った。
    子供は悪魔に願いを叶えてもらうため、悪魔を捕まえてしまうのです。
    ところがその悪魔はまだお子様で、お父様は悪魔界の王様。
    なのに悪魔に似つかわしくなくとても可愛くて心の優しい悪魔の子。
    ちょこんとだけ出た悪魔の角に、ちょろりんと動く悪魔のしっぽ。おまけに泣き虫。


    問題はそこじゃない。
    その悪魔の子には、従者兼、教育係兼、お世話係の若い♡悪魔が付き従っているのですよ。

    若干うら若き少女のわたくしが、これまたその若い♡悪魔に萌えていたんだなイタタタタ;;
    確か名前を、「マルカム」と言ったような気がする。

    これを皆さんに紹介しようとネットを彷徨って小一時間。
    最初、タイトルも作者さえも忘れていて結構時間くいましたよ。
    なのにあまりに古くて画像がない;

    ところが、作者様でググってみたら出てきたんですよ。
    ページへのリンクは許可されてないので、下記のTOPページから辿って行ってみてください。

    ttp://www.hechima.co.jp/~jori/roomabiko/abiko-menu.htm


    ↑こちらのTOPページの「さんしょー魚・資料室」→「コミックリスト」
    一番上に「真夜中をすぎても」があります。
    そして2巻の表紙がマルカムですね。
    (注:尚、こちらで使用されている画像は白泉社の条件をクリアされて掲載されているものらしいですので予め)

    この2巻に、確かマルカムが主役で、『月の舟』というお話があったかと思いました。違ってたらすみません;

    それはそれは胸がキューンとなる切ないお話。だったような気がする;
    マルカムと人間の恋のお話です。

    その女性とは、女性がまだ少女だった頃に出会うのです。
    少女はマルカムを、月の綺麗な夜に出会ったので、月の舟でやってきたと思い、月の舟の住人と思ってました。
    それから少女とマルカムは仲良くなり、(確か)月に1度しか人間界に来れないマルカムを少女は待ちきれないほどマルカムに気持ちを注いでいた。
    少女とマルカムは、一緒にいるのが楽しい間柄になっていったのです。
    少女は日々美しくなり、マルカムと過ごすのを楽しみながらやがて大人になっていった。
    ところが、マルカムは女性と初めて出会った時のままの姿。
    うろ覚えですが、確か女性が「いつの間にかあなたの歳を追い越してしまったわ」というような台詞を言ったのが辛そうだった。
    言われたマルカムが唖然としていたような気もする。
    人間と悪魔では時の流れが違うとわかってしまったのですね。
    や、そんなことはわかっていたのですが、それまで気にも留めていなかったはずの女性は大人になって、それがどんなことかを認識してしまう。
    そして別れ。
    マルカムは、月の舟の住人だからと・・・

    違う世界で生きる者同志、なのですね・・・


    ああっっマルカムぅ~~~!!




    女って、なんて現実的なんだ!


    と、当時のわたくしは思っていました^^;
    だから非現実的である漫画の世界が好きなのか?(笑)

    そんなことがふと思い出され。
    いずれ兄上とりんちゃんにも同じ時がやってくる。
    けれどこの二人の意識はそんなところにはないと思うのです。(希望)
    きっとマルカムの方はそうだったはず・・・

    いずれりんちゃんが兄上と同じ年頃になり、やがては兄上の歳を追い越す。
    そしてりんちゃんは先に逝ってしまうことでしょう。
    でも歳をとる見た目の問題じゃない、この二人は共にいるということに互いに依存しているんです。(願望)

    そうであってほしい。

    コメントレス済~゚∇゚ノ

    拍手を送って下さった皆さんありがとう(´∇`) がんばるです!
    各所で残暑が戻っておりますが体調などお気をつけ下さいまし~!


    K月様
    K月さんこんにちは~^^ お体のお加減はどうですか?私もK月さんほどではないですが、甘い物の取りすぎや、油物と水っぽい物の食べ合わせなどするとすぐピーになってしまうんで、K月さんの辛さが少しだけわかります。
    何にしても学校が始まって良かったですよね~\(´∇`)ノ
    夏休み終盤には自分が限界を迎えることをわかっているのですが、こればかりは毎年どうにもならなくて;
    夏休みって何時にも増して頑張ってるせいか、終わるとどっと疲労と脱力感と燃え尽きた感が押し寄せてきませんか?^^;
    そこをぐっと堪えてサイト運営にかじりついている状態です~(笑)
    誕生祭も良いですね!gifやflashなんてすごい力と愛♡が入ってますねー!私もナルトジャンルじゃカカシ先生が好きですねvエロ仙人も大好きです(爆)
    密かにエロ仙人とツナデ様の絡みが好きです(〃∇〃)
    今更恋愛云々ってカプじゃないんで、それを抜きにしてもこの二人が好きv
    ところで、かごめちゃんが卒業して嫁になったということは、そこから計算しても(なんのだ^^;)犬かごのお子様は冬生まれっぽいれすね(〃∇〃)
    うへうへ///////
    お土産、冷凍保存でも良いかもですよ(笑)
    喜んで頂けてよかったですv
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    << 兄弟 HOME 殺誕祭 >>
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]