忍者ブログ
08
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     昨日の祈願絵についてお問い合わせがありましたのでこちらにてお返事させて頂きますね^^
    先日より、弥珊の無事を祈って描かせて頂きました祈願絵は、当サイトのTOPページにリンクさせて頂いております「徒祈輪」様の、御祈祷コンテンツの掲示板にて投稿させて頂いております。
    赴きなさる場合は、そちらの企画目的とマナーをよくご理解のうえ、参拝いたしましょう(´∇`)ノ


    もともと当サイト、アニメ復活祈願サイトとしてサイトに願をかけているわけですが、こうなったら弥珊も犬かごももちろん殺りんの無事も祈願してしまいましょうv
    神社ですかうちは?と自己ツッコミしつつ、
    ええい、こうなったらもうとことん祈願しちゃろうじゃないか!ということで、この際だからりんちゃんの安産祈願もしちゃいましょうかv(気が早っっー!!)←自己ツッコミ(笑

    それでふと思ったのですが。
    奈落を討ち果たした後、弥珊は妖怪退治を家業としつつ神社なんかもやってみたら良いと思うのです。
    法師だから寺になるのか?

    もちろん祈願するのは、子宝とか、安産とかな。
    ほら、よくあるではないですか。子宝神社にはお決まりのブツが(笑)
    有難く、如何にも御利益ありそうなアノ形をしたブツが(* ̄∇ ̄*)ポッ
    私も観光に行った先で一度、そういう系統のお社を参拝したことがありますが。
    そこはね、本殿に人の背丈ぐらいのバカでかいモノがドカーンっと祀ってありまして、その社と言う社の中には形様々な(笑)、まさに人間のソレそのものと同じ位のサイズのモノがずら~っと立てて飾ってあるのですよ^^;
    いくらなんでも立てるのはマズ・・げほげほっ;;;
    密かにそう思ってた管理人でした;

    しかしまあ、それを管理なさるのが弥勒さまなら、マジで御利益ありそうだw

    拍手、連打拍手をありがとうございます^^
    拍手の御利益は必ずやおありのこととっっ!へへっ~!!


    L様
    Lさん今晩は~^^
    やはり同じでしたか!懐かしくなってググってみたら、あれは日本と韓国と米(だったかな?)で共同制作されたんですってね。キャラのデザインは日本人ではありませんでした。でも納得いかない(笑)
    あの一風変わったダークでありながらヒーローっぽい主人公は、やっぱりモーホーだと思います;
    ママンは強烈すぎ;;なんたってあの妊○プレイは衝撃(笑)
    そそ、劇場版が出てたんですってよ、ご存知でしたか?
    これからレンタル屋行くので、ちょっと探してみたいと思いますw
    ああ、また久しぶりに見てみたくなった^^;
    どう見ても好みの絵柄じゃないのに見てしまいたくなる・・ストーリーが惹きつけるのでしょうか。
    それともあの股間が惹きつけるのか゚∇゚ ←ばきっ
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]