忍者ブログ
10
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     ちょっとした疑問なんすけど。
    爆砕牙は兄上自身の刀だということですが、それは兄上の『牙』なんでしょうか?

    刀々斎は、もともと体の中に持っていたんだよ、と仰ってましたが、それって刀として持っていたの?刀々斎が鍛えて封印されていたの?
    それとも、刀の『素』(笑)みたいなのが化け犬一族には生まれた時から体にある、とか。それで父上を超えたその時に、その『素』が具現化して刀となって現れ出でる、とか。

    にしては腑に落ちないことがひとっつ。

    兄上の左腕と共に現れた刀を、刀々斎がフツーに知っていたってことですよ。
    しかも既に、刀には名前がつけられていた、ってことですよ。

    刀々斎が天生牙を鍛えた時、天生牙には『棺桶いらず』って名前をつけようとしたって言っていたじゃないですか^^;
    それを父上が『天生牙』と名付けたと。

    ってことはですよ。
    刀々斎のネーミングセンスから考えて、『爆砕牙』という名前をつけたのは他にいらっしゃるってことではないですかい?
    だべ?

    それもそのネーミングから考えるに、刀の威力・効力までハッキリとしていた、ってことに。
    だべ?

    以上を踏まえると、爆砕牙は『素』として兄上の体の中にあったのではなく、すでに鍛え上げられた刀として体に封印(?)されていたってことになりますよ。
    それってばやっぱり刀々斎が鍛えたんかな~。

    使い手のHP、防御力、攻撃力、精神力レベルが初めて刀のレベルと見合うことで発動ぅっっするように仕掛けをして ̄∇ ̄

    ってことはやっぱりアレか。

    犬って、子供の頃に犬歯が生え変わるからな。ソレか? ̄ー ̄

    しかし、それだけのことをあのお方が知らないはずがない。
    御母堂様はやはりそれを知っていて知らぬふりをし、兄上が鉄砕牙探しに耽っている間も、



    「母はつらい」などと口では言いながら、

    実は『っくく、無駄な努力をしておるわ』




    と思いながら見ていたのでしょうね ̄∇ ̄;
    くえぬおヒトだ;

    拍手、連打ありがとうございますv
    しの花学級はついに学級閉鎖になりました;皆さんもインフルエンザお気をつけて(><)
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]