忍者ブログ
08
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    突発SS一部抜粋=============

    何故何も出来ない。
    戦国最強と謳われるこの殺生丸に、爆砕牙を手にした今の私にできぬことなど……

    「ないではないか!!!」

    溢れ出した感情を当り散らすように岩壁を殴った。
    滝の脇の僅かに反れた水脈が、その衝撃で砕かれ水しぶきとなって噴き出ている。

    「何故だっ!」

    拳に込めた苛立ちの一発を以ってしもその気持ちは治まらずにいた。

    りんであればりんである以外に、何が必要だというのか。
    人間であるなどとと煩わしい!
    りんがただ、りんであればそれで良い……。
    人間であるということの、妖怪であるということの隔たりを超えてりんと言う「個」でさえあれば良いのだ。
    その個の器が人間の体だったというだけ。
    妖怪は如何なるものの形にも影響されにくい生き様を歩んでいくもの。
    それに比べ、人間とは如何に面倒な生き物なのか。
    いや、その人間がこの里にいるというだけで足繁く足を運ぶ妖怪もまた、面倒な生き物か。
    どうにかしてやりたいが己のやり方ではりんの望むやり方にはならないというのが良くわかる上に、無上なまでに人間の生き方の中で非力でしかない己に苛立ちさえ感じる。

    殺生丸は、自分以外の他人の為にもがき苦しむことを、冥界より再び思い知ることとなった。
    だが此度は冥界でりんを失うことになったあの時とは少しばかり違う。
    自分以外の他人の為とは常としてりん限定であったのに、此度はそのりんとりんを取り巻く生きた人間共にならなければならなかった。
    りん以外の誰かを思いやるなど、りんを無下に扱う者共ならば尚更殺生丸には得心の行かぬこと。
    水しぶきの中でびしょ濡れになりながらも、ただ殺生丸は立ち尽くし、岩壁を砕いた己の握り拳を今以って解くことができないでいた。
    どうにもならない、ただただ受け止めるしかない力でも知恵でも解決できない壁に、殺生丸はぶち当たっていたのだった。

    ================

     今日はものすごい暑かったですね~。
    私の頭も熱かった ̄∇ ̄

    どれだけ時間があってパソコンに向かっても、のらない時はホントに10行だって進まない駄文が、今日はほんの数時間で全体の半分まで書けてしまった;;;
    や、それはそれで良いことなんだけどね^^;

    例によって(?)、日記を書いているうちに妄想にダイブしてしまっていたら、こう・・キターっと、いきなり脳内にお話が舞い降りてきてしまいまして、ダーっと話の中盤から完結まで一気に書き切ってしまいました。


    何故か中盤から


    起承転結で言う「起」の話はこれから膨らませなければなりません。
    こうして一部を掲載するのは、途中放棄しない予防です(笑)
    掲載しちまったら最後まで書かなぁあかん!
    が、ひとしきり書いて満足したのか、「起」の部分を書くのに詰まり出しまして、今度ぁイラストに転身したってわけです;


    それも背景から;;;



    まあ明日から幼稚園は夏休みで、あさってからは学校も夏休みになるのでどうなるかわかりませんが、少なくとも園の送迎で消費している数時間は浮きますからね!

    限りある時間に私がついていけないわけじゃなく、あくまで時間が私について来れないだけだw


    コメントレスさせて頂きましたv

    拍手を送って下さった皆さん、ありがとうございました!
    夏休みと闘う意欲が湧きましてございますっっ


    Rまる様
    お~vRまるさん今晩は^^
    漫画となるとついそっち路線になってしまうのですが(笑)
    喜んで頂けてほっといたしましたv
    ほんとに、漫画と呼ぶには基本すら出来てない作品郡で、コンテンツにして良いものかと悩んだのですが、あまり気張りすぎず気軽に楽しめるものとしてならそれもアリかな~と今回増設したのです。
    今後もネタが浮かんだら随時更新して以降と思います^^

    のっぽのS様
    おおっ毎日Lさん宅からっ!?はは~っ(平伏)
    いつもお越しくださっているご様子、今回はお声をかけて下さいましてありがとうございます!
    そそそ!実のところ、攻機のすっごいファンなのです////
    それこそ画力があれば、攻機のファンサイトを運営したいほどですv
    何と申しましょうか、あの付かず離れず大人の距離を持ちながら、戦友であり特別な存在であり、サイボーグであるからこそまさに「個」としての少佐に想いを馳せるバトーに胸キュンw(笑)
    飾らず求めずの関係が、逆に一番純粋なのではないかと思いましたよ。
    多くを言わず少佐の側に仕えるバトーと、それを知りつつ甘えることもない少佐の関係に言い表せない魅力を感じるのです。
    犬界で攻機にはまったという話はあまり聞かないのですが、こうして攻機の話をサイトで話せてとても嬉しかったです^^
    また何かの折にでも攻機ネタは出るかもしれませんねv(今日の記事でも「個」について出てましたしね;)
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]