忍者ブログ
11
月*<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>

  • 「犬夜叉」をこよなく愛し「殺りん道」を極める日記@ネタバレあり
    Site/A/ N
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     御母堂様アンソロジーの通販が決まったようですぞ。


    御母堂様アンソロジーさま 詳しくは御母堂様アンソロジーさまにて。


    管理人は、『時を生きる花々の音』という小説で執筆参加させて頂いております。と、イラスト企画。
    在庫具合は多くないようなので、早いもん勝ちと言ったところでしょうか(笑)


    さて、土日は旦那さまご在宅にてほとんどパソに触れることも無く過ごしている管理人。(今はお子様と公園に出ている隙に起動した)
    平日の手抜きしまくった家事のしわ寄せを休日で一気に消費しているわけだが;
    たまに時間が空いちゃったりするわけです。
    その時間を利用して、先日近くにオープンしたレンタルコミック屋さんで留美子先生の作品、人魚シリーズを一気レンタルしてきましたv
    人魚シリーズは少しだけ読んだことがあります。

    が。

    今回全部読んでみて、あんなに重い話が続くシリーズだったとは思いもせず(笑)
    描写は流石は留美子先生といった印象でした。

    その中に、なんともりんちゃんにクリソツなキャラ発見っ。
    年齢設定は12歳のなつめ。
    12歳でありながら主人公の湧太と同じく不老不死の体。
    自分のおとうは既に年老い、なつめは湧太と一緒に生きることを決意します。12歳で
    ちなみに湧太は大人なんだよ ̄ー ̄ニヤリ

    きっとりんちゃんが12歳になったらこんな感じなんだ!!(≧▽≦)

    と激しく殺りん変換してしまいましたがなw
    そこへこそっと兄上の画像を切り貼りし、脳内合成なんぞしまくってしまいましたがなw

    しかしこの12歳設定のなつめちゃん。
    湧太と自分は「同じ」だからと、湧太についていくことにするのですが。
    その台詞を見たとき、一瞬りんちゃんが兄上についてった時のことを思い出したのです。

    りんちゃんはもしかして、自分と同じ何かを兄上に感じていたのではないだろうか、と。

    で、その「同じ何か」って、なに?
    と問われますと、私も何かさっぱりなんですが ̄∇ ̄←ばきっ

    だからこそ!
    だからこそその辺をクローズアップして欲しい訳なのですよっっ。

    最終決戦まで居残れたりんちゃん。
    正直、冥界編で兄上がりんちゃんを大事に思っていることはわかったが、そう思うまでのプロセスって全っ然っ見えません。
    内緒・・なのか?
    あまりにもアレで、本誌に描けないようなプロセスなのかっ///////
    なら納得♡(えぇーっ;)

    描かれないと妄想が暴走していきます(笑)

    今以って奈落の囚われの身となっているりんちゃんは、最早管理人の脳内では奈落の最後の切り札になるんではないかと思っているのですが。
    ならば余計にその辺のプロセスがあると尚嬉v

    まさかな。
    邪見共がわざわざ奈落の体内に入ってきたのは、珊瑚ちゃんからりんちゃんを救い、邪見に預けて脱出させるためだったりとか・・しないよな;;;


    ■私信
    Iさん、Mさん、Lさん、メールありがとうございました~。後程またご返信いたしますね^^


    拍手、連打拍手ともにありがとうございましたー!
    およよ///プロセスがなくとも拍手が何よりのお慰め(〃∇〃)


    Tマ様
    もちろんですともー\(≧▽≦)ノ
    また機会がございましたら今度こそゆっくりお話させて下さいませw
    誌代の件ありがとうございました!
    アンソロもお買い上げ下さった様で、ありがとうございますv
    お気遣いも嬉しいです///いやいや、お使いとはお伝えしていなかったですしお気になさらないで下さいませ^^
    ただただMさんにお会いできなかったのが残念でしたが、何かの折にでも宜しくお伝え下さいませ~。
    本誌展開ではお察し申し上げまする。
    でもわかります!その信じるお気持ち!!私も殺りんが窮地の時はずっと信じておりましたもの。
    そのお心が報われますよう、私も祈願絵に祈りをこめて描かせて頂きたいと思います^^
    あと塗りだけになりましよ♪もうしばらくお待ちになってて下さいまし~v
    PR
    この記事にコメントする?
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ブログ内検索
    最新コメント
    返信済みは鉛筆マークが付きます
    [05/31 Robertmr]
    覚 書
    順不同
    ・13939*hitキリ梓さま
    ・異族(完結)
    ・花紋茶寮様へお祝絵
    ・むふふな捧げ物絵(笑)
    ・6万キリ父x母小説
    ・10万hit記念
    ・拍手御礼各種
    ・セーラー兄
    (一体いつのネタだ;)
    最新トラックバック
    エコる
    ググるもとい、エコる(笑)
    ↑こちらで検索すると環境保護への貢献となるです
    バーコード
    忍者ブログ [PR]